HOME>オススメ情報>スペースを考えて本当に必要な設備を導入することを心がける

ふるい機の導入について

工事現場

今行っている業務において土質の改良や産業廃棄物のふるい分けを外部業者に委託しているならば、振動ふるい機の導入を検討してみましょう。振動ふるい機があるならそのまま土砂や廃棄物をふるいにかけ、出来上がったものを売却したり処分したりすることができるようになります。業務が円滑に進むようになるので、これらの機械の導入を検討することは経営者としてしっかりと考えていかなければいけません。ただし、専門業者が行っている微生物を用いた土質改良や、大規模な廃棄物の小分けなどをしていくことは難しいことです。そういった深いことまでやらず、簡単に振動を用いたふるい分けだけをしていくようにしなければならないことは知っておきましょう。無理に専門的な分野までふるい分けをしようとすると想定外の出費となり、人材確保に気を取られて本業がおろそかになってしまいます。あまり大きなものを導入せず、小さなスペースに設置し個人単位でも運用できる簡単なものを導入するとうまくいきやすいです。

機械の相場は細かく変わる

工事現場

振動ふるい機と一口に行っても様々な種類が存在しており、最も安いものになると手動でふるいにかけるたらいのような大きさのものもあります。そうした小型で簡易なものであっても十分土質や廃棄物のふるい分けは行えるので、最低限の設備さえあればいいという場合は選ぶといいでしょう。それなりに大掛かりな設備になってくるともちろん高価な機械となりますが、超音波式のものであればかなり細かいところまでふるい分けが可能となります。今行っている業務でどんなことができるようになればもっと効率よくできるかを考え、一番好都合な振動ふるい機を選ぶようにしましょう。評判などはネットで調べてもわかりにくいので、実際に使っている工場などに見学などをさせてもらうとより理解しやすいです。